良性発作性頭位めまい症
 
三半規管の浮遊耳石が原因と考えられています。
「朝、寝返りをうとうと思ったら目が回ったが、頭の向きを変えたら治まった」という症状が典型的です。
ある特定の向きに一定以上の加速度で向きを変えることでめまいが誘発されます。内服薬もある程度有効ですが、リハビリ体操などで1-3ヶ月かけて治療します。命には関わらない疾患ですが、意外に長引くことが多く、回転性めまいは治っても「なんとなくフワフワする」などの症状が持続することが多く、一度治ったと思っても再発するケースもあり、手ごわいめまいです。

メニエール病 

発作的に耳鳴り・難聴・嘔吐を伴う激しいめまいが襲います。
しかし、前庭型メニエールといって、聴力などの異常を伴わないケースもあります。
めまいは多くの場合回転性で、長い場合は6時間程度続くことがあります。
発作中は眼振(眼球がピクピクけいれんしていること)が起こっていることが多いです。
耳の症状としては、難聴ではなく「閉塞感」と表現される場合があります。
原因は内耳のリンパ水腫といわれており、通常は利尿剤などで圧を下げると症状は改善します。
実際にはメニエール病の診断基準は厳密であり、むやみにメニエール病と診断すべきではないのです。


 脳血管障害(椎骨脳底動脈血流不全)、脳腫瘍などによるめまい

脳の中でも、小脳に腫瘍や血管障害が発生するとめまいが生じます。
その他、言語異常(呂律が回らなくなる)や手が不器用になったりするなどの症状を伴うことがあります。
脳のCTやMRIをとることで診断が可能です。
脳腫瘍であればCTで判別が可能ですが、椎骨動脈の評価はMRI、MRAなどが必要です。
高齢の方、高血圧・糖尿病の方、喫煙者などは動脈硬化の可能性が高まりますので、要注意です。


脊髄性めまい

 脊髄の後索という神経回路がやられてしまうと、めまいが生じますが、回転性ではなく、平衡感覚がなくなってしまうタイプのことが多いです。目を閉じると途端に倒れてしまいます。

 小脳脊髄変性、脊髄炎、多発性硬化症、キアリ奇形、脊髄腫瘍、脊柱管狭窄、後縦靭帯骨化症などで生じることがあります。


前庭神経炎

 発作的に回転性めまいと嘔吐が起き、1週間程度続くことがあります。
回転性の激しいめまいは一度きりで終わりますが、その後の「フワフワする感じ」「浮動感」が長く続くことがあり、比較的しんどい疾患です。
ウイルス性と考えられていますが、定かではありません。
メニエール病と違い、原則として難聴や耳鳴りなどの「蝸牛症状」は伴いません。
しかしメニエール病の初期にも同じような症状を認めることがありますので、病状をよく観察する必要があります。


心因性めまい

 いわゆる「不安症」「うつ」の方にみられます。
回転性というよりは、「フワフワする」「ボーっとする」などと表現されます。
抗うつ薬で改善されることがあります。
メニエール病や、良性発作性頭位めまい症のあとに、不安やうつ状態に陥り、このような病態になってしまう方も多いようです。
その場合は、抗不安薬や抗うつ薬の使用は最低限・最小限度に留め、あくまでも原疾患の治療をメインに行います。


起立性調節障害

寝ている状態と起きている姿勢で極端に血圧が違う場合は立ちくらみ、頭痛が生じます。
これを「めまい」と表現されて来院される方が多いようです。
交感神経刺激薬や昇圧剤で改善されます。
時に、脳脊髄液減少症のような症状が現れることもあり、両者の鑑別を慎重に行う必要があります。


片頭痛関連性めまい(良性反復性めまい)

もともと片頭痛を持っている方、家族や親戚に片頭痛の方がいらっしゃる場合に発生するめまい症です。
いわゆる「めまい治療薬」では治りが悪く、「片頭痛予防薬」を使用するとめまいの頻度が減少する場合があります。
めまいの特徴は、他のめまい症よりも短時間で終わる事が多く、メニエール病のような聴力障害ははっきりせず、頭位めまい症のような起床時の回転性めまいもあまり見られません。発作的に「クラクラーっと」数分持続するケースが多いようです。


神経血管圧迫症候群

小脳の周囲を走行する血管と、平衡感覚を司る神経とが接触、または圧迫されることにより発生するめまい症です。理論的には手術治療が可能ですが、大部分の方は内服治療で改善されます。「片頭痛関連性めまい症」に臨床症状が似ていますが、神経血管圧迫症候群の方が、より「回転性」で「発作的」であり、また片頭痛の病歴や家族歴がなく、動脈硬化の進行する年代の方に多いようです。治療薬は、三叉神経痛の治療薬でもあるテグレトールや、痙攣発作の予防薬のリボトリールを使用することが多いようです。

めまいは若い方からお年寄りまで、程度も種類も様々です。
的確な診断が治療の第一歩です。
必ずしも新薬が有効ではなく、漢方薬、生活習慣改善で治ることがあるのも特徴です。お悩みの方は一度ご相談下さい。

めまい外来のご案内 日曜・祝日は再診のみ
頭痛専門医・脳神経外科専門医による頭痛、めまい外来 | 大阪府豊中市 |土日祝日も診療 | 片頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛 他
key words
頭痛,偏頭痛,片頭痛,頭が痛い,頭痛外来,脳の病気,めまい外来,肩こり,大阪府,大阪市,豊中市,大阪豊中やすだクリニック,北摂,箕面市,茨木市,吹田市,宝塚市,川西市,頭痛学会,池田市,豊中駅,脳外科,脳神経外科,専門,病院,阪急沿線,阪急宝塚線,慢性頭痛,生理前の頭痛,休日,土日・祝日も午後まで診療・診察,日曜日,頭痛の原因,片頭痛の原因,頭痛専門医,脳神経外科専門医,物忘れ外来,認知症