現在日本は未曾有の高齢化社会を迎えています。

認知症患者の増加に社会保障制度は追いつかず、家族・介護者の疲弊度は測り知れません。

診断、治療に関してはコウノメソッドの考え方を取り入れ、投薬量を微調整しながら、時にサプリメントやグルタチオン、シチコリン点滴などを併用し、副作用を最小限に抑える事を優先した治療を行います。

ブレデセン医師によるリコード法プロトコルに関しましては、可能な限り検査等でご協力できる体制を整え、食事や運動に関して指導を行っております。
(全ての検査が保険診療内で可能とは限りません。また院内で特定のサプリメントを販売したり推奨したりすることは行っておりませんのでご了承下さい。)

アルツハイマー病遺伝子検査(ApoE4)は自費となりますがご希望に応じて可能です。


初診のみ予約制のため、事前に電話でご連絡下さい。時間は前後しますがご容赦下さい。

②来院されましたら問診票にご記入ください。現状を一番把握しているご家族の同伴をお願い致します。

③診察室で医師とお話しして頂きます。問診、神経学的診察、過去の検査結果等があれば拝見致します。

④最近の画像検査を持参されない場合は、脳CTを行います。

⑤循環器・呼吸器疾患の既往がある方は胸部レントゲンと心電図を行います。

⑥認知機能低下の原因となる疾患の調査のため血液検査を行います。

⑦認知症のテストを行います。(質問形式のテストを数パターン行います。)

⑧もう一度診察室に入って頂き、医師の印象と今後の方針をお話し致します。

⑨必要であればもう少し詳しい検査(脳血流検査、MRIなど)を予約致します。

⑩再診は1~2週間後です。再診は予約制ではありませんので時間に余裕をもってお越し下さい。


アルツハイマー型認知症(物忘れ、言い訳、取り繕いが目立つ。迷子になりやすい。)

レビー小体型認知症(幻覚、妄想、歩行障害、意識障害など。パーキンソン病などと紛らわしい。)

●脳血管性認知症(動脈硬化、脳梗塞の多発による。感情失禁など。)

●前頭側頭葉変性症(性格変化、行動異常、反社会的行為など。疫学は詳細不明。)

●ビタミンB1、B12欠乏症(栄養障害、アルコール大量摂取、胃切除後など)

●甲状腺機能低下症(寒がり、活動性低下、浮腫み、血液検査で甲状腺ホルモン低下)

●正常圧水頭症(歩行障害、尿失禁、すり足歩行、頭部CTで脳室拡大)

●慢性硬膜下血腫(軽い頭部外傷の数週間後に発生、頭部CTで硬膜下血腫)

上記のように、認知機能障害を来す疾患は多数あります。

典型的な症状の方はすぐに診断が可能ですが、難しい方もたくさんおられます。

何回か通院されている間に、新たな診断に辿りつく場合も少なくありません。

ご家族の方が、ご自宅での患者さんの様子を詳しく主治医に伝える事が診断の第一歩です。

最近様子がおかしいと感じ始めたら是非一度ご相談下さい。

軽度認知障害(MCI)スクリーニング検査、アルツハイマー病遺伝子検査は自費となります。

key words
頭痛,偏頭痛,片頭痛,頭が痛い,頭痛外来,脳の病気,めまい外来,肩こり,大阪府,大阪市,豊中市,大阪豊中やすだクリニック,北摂,箕面市,茨木市,吹田市,宝塚市,川西市,頭痛学会,池田市,豊中駅,脳外科,脳神経外科,専門,病院,阪急沿線,阪急宝塚線,慢性頭痛,生理前の頭痛,休日,土日・祝日も午後まで診療・診察,日曜日,頭痛の原因,片頭痛の原因,頭痛専門医,脳神経外科専門医,物忘れ外来,認知症,アルツハイマー病,レビー小体型認知症,ピック病,前頭側頭型認知症,フェルガード
認知症専門医による物忘れ・認知症外来のご案内